猫族ワークショップ@大阪

なんりひでこの猫族ワークショップ@大阪をメインに、関西でのワークショップ情報をお届けします。

森のデスカフェ

死について楽しく語り合いました!

9/7(土)  老猫専科前半、そして、泉大津会場では初めての「森のデスカフェ」、どちらも満席で終了しました。

Fotor_156786609525341


前回の老猫専科 前半の報告は




今回は猫楠セブンの現在の写真を見ながら、ここ最近の体調やその対策についてのお話からスタートしました。

*猫楠セブン...猫楠舎で南里さんと暮らす7匹の猫たちのこと。全員10才越え。最高齢は22才のモンちゃん


・尿路変更している玖磨ちゃんのシャンプー事情と最近目が見えなくなってきたこと、

・南里さんのblog「ご機嫌元氣」にも書かれていた、なっちゃんの立ちシッコのこと、

・猫楠舎に来た頃、血尿が続いていたトーマくんのこと、

・鼻炎の夜ちゃん、ドリームラブ(サプリ)でスッキリ症状緩和したこと、

・モンちゃん、夜中の決まった時間に覚醒、遠吠えしたり噛み付くことがあるというお話(かつてのズズさんも晩年同じようなことが見られた)、

・ちぃちぃは体温が高いので、涼しくなってくると最高齢モンちゃんがくっつくようにして眠る姿...



老いとともに変化する体、性格、出てくる症状。

それらに驚き、戸惑い、つい嘆いたりしてしまうことは、彼らの1/4のスピードでしか年をとらない私たちには致し方のないことです。

が、何とかして元の元気な頃のあの子に戻って欲しい...という気持ちは期待となり、その通りにならなかった時、失望に変わっていきます。

その時、ガッカリされてしまう側の猫たちの気持ち.....

老いの坂道を下り始めた愛猫は、どんなかたちで残りの生を過ごしたいだろう?

その坂道を、ゆっくりと一緒に景色を楽しみながら伴走できれば...

きっと皆さん、ご自分の猫さんや、お家の環境と重ねながら、いろんなヒントを持って帰っていただけたことと思います。



たくさんの写真とともに老いの姿を見せてくれた猫楠セブンには、悲壮感のかけらもありませんでした。

「少しずつ見えなくなってるって? おら、気にしたこともねぇだ」by 玖磨

「掃除機も雷も聞こえなくなってヤレヤレよ」by モン

そんな声が聞こえてきそう...


老いを受け入れられずにジタバタするのは人間だけなんだな、と少し恥ずかしくなるくらい、のんびりした姿の猫楠セブン。

いつもあるべき様を教えてくれるのは目の前の猫たち。

「は? 何焦ってんの?」と冷ややかな目でみられないよう、「受け入れられる」私であろうと、またまた心新たにいたしました😌





そして、私自身初体験の「デスカフェ」

Fotor_156786617158960



デスカフェとは...




今回は、南里さんオリジナルの「ニャンゲーム」で、カードにかかれた質問に答える形式で進行。
(答えたくなければ答えなくても全然OK)


安楽死、尊厳死、自死、延命、お葬式、お墓などなど、自分とはまた違ういろんな考えが聞けましたし、魂や「あの世」の存在についてみんなで想像したり、身近な人(犬や猫)の死についての経験、臨死体験のお話もありました。


終活という言葉が一般的になり、自分もまたいつか死ぬこと、死んだ後のことを冷静に考えられる世の中にはなってきていると思います。

私も自分が先に死んだらこうして欲しい、といういくつかのことは夫に伝えてあります。

でも、こうしていろんな人と死について語り合うと、「あ、こういうこともしておかないと」とか「そういう方法があるのか」とか、死について考える幅が少し広く、緩くなったような気がしています。


デスカフェってこんな感じなのかな?という想像を越えて、私にとってはすごく新鮮で意味深い時間になりました。

惜しみ無くご自身の経験や考えをお話くださった皆様、ありがとうございました。



奇しくも今夜、Yahoo!ニュースでロンドンブーツの田村さんが慶應大学院で「死者との会話」について勉強を進めている、という話を読みました。

ロンブー淳さん 慶應大学院生になっていた

生き方や働き方にはたくさんの選択があり多様性に富んでいるのに、死に方についてはまだまだ自由に選べないということに疑問を持たれているようで、まさにデスカフェの目的の一つではないか!と、なんだかちょっと嬉しくなりました。

今後の彼の発信に注目しておこうと思います。



さて、今回の写真は...

15679622223960

白飯と明太子😂

たまたまお米と明太子を同日にいただき、夏の後半はこれが元気の元でした✨
(おかず要らず~😆)

なので、デスカフェ版ニャンゲームで「最後の晩餐には何が食べたい?」という質問には迷わず「白飯と明太子!」と答えました😆

15679623531861

アタチには明太子くれなかったわね..... by こまちゅ



最後までお読みくださりありがとうございました。

老猫専科 感想まもなく!

9/7(土) 老猫専科 前半&森のデスカフェ 

満員御礼ありがとうございました✨

この報告は近日中に🎵




写真は虹のたもとにいるこつぶちゃん💕

_20190908_004559


_20190908_004619

彼の寿命は6年でした。

短いですか?

かわいそうと思いますか?




寿ぐ(ことほぐ)命と書いて寿命。


彼は彼のニャン生を生ききりました。


6年間、全力で私を笑顔にしてくれたこつぶ。

今でも自慢の相棒です✨



老猫専科で學ぶ内容は老猫さんだけに留まらず、いつか見送ることになる大切な命について、立ち止まって考える機会だと思っています。

 
初めて体験したデスカフェの感想も含め、報告はまた改めて...😉













猫住まい専科&森のデスカフェ

猫族の皆さま、、、お元気でしょうか。
豊中担当の田村です。

さて今回は...
9/2の『森のデスカフェ』、大阪初の『猫住まい専科』のレポートでございます。

森のデスカフェ...
ふふふ...死後の世界
今までに不思議な体験をした事はありませんか?
あっ!!ほら、あなたの後ろに!!!

IMG_0049

猫の開きが!!!


あにゃた、そろそろ怒られるのにゃ
きゃーごめんなさい
みにゃさん、今回もみーをよろしくにゃ
IMG_2471


では改めまして…
デスカフェとは何ぞやですよね。
デスが付くと何となくホラーな感じがするような気がしませんか?
でも心霊話ではなく、死について皆さんと話し合う場なんです。

ふぅ~ん、怖い話をするんじゃにゃいのね

例えば、今日死ぬとしたら何をしたいですか?とか、誰にどんな想いを伝えますか?とか
にゃー???
では、みーちゃん、あなたが今日死ぬとしたら何をしますか?
そうだにゃ...
みーの好きなパンを山ほど食べて、お日様をいっぱい浴びながら…
あにゃたを道連れ...にゃっ、眠るのにゃ

ん?そっか、みーちゃん小麦アレルギーだもんね。好きだけど食べるとかいかいになるもんね。
うん
今みたいに日頃話せない死について、それぞれの想いを話したの。
最初は緊張していた雰囲気も、カードに書かれた質問に答えていく内にほぐれ、
大笑いしながらの1時間半でした。
死についてなのに大笑いするのにゃ?
ほら、だって、そこは南里校長だから

  たまにはタブーとされてしまう死について、話し合ってみませんか?
  新たな発見がある...かもですよ。

そして不思議な体験談をお持ちの方! 田村が心待ちにしてるのにゃ~
みーちゃん、心の声を出しちゃダメです

  続いては猫住まい専科。前編なので、ちょこっとだけ

快適な暮らしをと言われると、すぐ家具の配置やら、置く物の事とかを考えてしまいますよね。
もちろんそれも大事です。が、その家具を置く家自体の事はどうです?
方角、その土地について、周りの環境・・・考えたことありますか?
正直、私はあまり考えてませんでした
住む家は私達にいろんな影響を与えてくれます。良い事だけでなく、悪いことも
それは猫さんにも同様なのです。

今回かなり焦る私でしたが、そもそもばっちりな場所を手に入れる方が難しい。
なら、今の家の環境を良くするために何をすればいいのか。
それはまた後編で・・・

環境って大事にゃのね
そのようです。人間関係だけでなく、住む環境も大きな影響があるんです。
あと、自分の感覚を大切にする事も大事です。
何となくいやだなって感じることを気のせいと思わずそれに従う。
猫さんたちはそうやって生き抜いてきたんでしょ?
そ!あたち達ってすごいでしょ
はい!見習います

お引越しや家を購入しようと考えてるあにゃた!
購入前に受講した方が良さそうだにょ

はい。ほんと、私も早く知りたかったです。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
一度きりと思っていたレポート。なぜか今回も書かせていただいております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今回ご一緒した猫族の皆さん、後編頑張りましょうね~
そして、お写真を撮り忘れたことをお詫び申し上げます

ホラー好きな田村とみー、そして白猫LUZ(←さて何と読むでしょう)でした。
アディオス 
管理人
hashimoto178
橋本美穂(はしもと・みほ)


  • ライブドアブログ